2020年08月11日

令和2年度 茨城県地域活動連絡協議の総会を実施しました

例年の時期から遅れること約1ヶ月の7月15日、厳戒の感染対策の中、無事に総会を実施することができました。
今年度はつくば市地域活動連絡協議会の総会と同日開催とし、各単位クラブ1名のみ、県地協役員が在籍するクラブは役員のみの参加、保育なし大人のみ、委任状をいただくことで欠席も歓迎という形での実施でした。消毒、ソーシャルディスタンスを心がけ、資料の読み上げも割愛、議決や質問も一括で実施することで、開会から30分で終えることができました。
一瞬でも集まり、顔を合わせることで、困難の中でも頑張っていこうという勇気が湧いたとの声がありました。
今年度の事業はすべて郵送と配信を利用したリモートで実施することで一致しました。
IMG_5417.jpgIMG_5419-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].jpgIMG_5418-thumbnail25B25D-thumbnail25B15D-thumbnail25B25D-thumbnail2[1].jpg

2020年03月01日

みらい子育てネットさがみはら連絡協議会様からメンバーご紹介記事いただきました!

こんにちは!全地協事務局です。
みらい子育てネットさがみはら連絡協議会様からメンバーのご紹介記事をいただきました。
こちらご覧ください。
↓↓



 
posted by 全地協 at 15:34| Comment(0) | 関東・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月29日

県子育て・青少年課長との話し合い 研修会並び情報交換会

IMG-2931.JPG IMG-2964.JPG
(県子育て・青少年課長との話し合い 研修会並び情報交換会)
令和2年1月24日(金)ぐんま男女共同参画センターにおいて、「県子育て・青少年課長との話し合い
研修会並び情報交換会」を行った。児童館長や会員ら約80人が参加。課長との話し合いでは、児童館での取り組みや放課後子ども教室などの活動が話題にあがった。
午後の研修会では、NPO法人「わんだふる」代表理事で防災士でもある赤羽潤子氏が「災害から身を守るために何をどう備えたらいいか」と題した講演を行い、身近に起こった昨年の東日本豪雨を教訓に具体的な備えや行動を学んだ。
ぐんま地域活動連絡協議会(群馬県)
posted by 全地協 at 16:25| Comment(0) | 関東・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

会員研修と交流会

みらい子育てネットさがみはら連絡協議会

 

会員研修と交流会       令和元年817日 午前1030分〜12

             ソレイユさがみ セミナールーム1

参加者 44

みらい子育ての音楽会 赤ちゃんからお年寄りまで

    〜弦楽四重奏とともに〜 

@  「弦楽四重奏」演奏 を聞く ラデッキー行進曲など

A  一緒に歌いましょう こんにちは赤ちゃん、ゆりかごの歌、夏の思い出

B  音楽に合わせて体を動かしましょう  さんぽ ドレミの歌 パプリカ

 

○ 弦楽四重奏の音色、そして歌声を聞き、音楽の楽しさ、美しさを体験する機会となりました。

○ 夏休み中のこども達の参加が多く、楽器を実際体験するなど、普段経験できない貴重な体験を提供できました。

 

                                                     

 

 

 

 

posted by 全地協 at 14:37| Comment(0) | 関東・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

講演会「子どもとメディアを考える」〜その命と未来を守るために〜

20191118茨城県講演会@.jpg 20191118茨城県講演会A.jpg 20191118茨城県講演会B.jpg
令和元年度茨城県地域活動連絡協議会研修会として、11月18日(月)、つくば市大曽根児童館にて講演会「子どもとメディアを考える」〜その命と未来を守るために〜を実施しました。

 NPO子どもとメディア公認インストラクターの矢野さと子さんを講師にお迎えし、子どもの発育とメディアの関係を、脳科学の知識も交えながらわかりやすく教えていただきました。子どもに大切なものは親子の会話・五感を使った実体験…そして、メディアがあふれる環境の中で、身体面・精神面・育ちに及ぼす深刻な影響・ネット社会の危険…
知らないと怖い、もう背を向けてはいけないことを実感しました。
メディアのメリット・デメリットを正しく理解し、使わないのではなく、正しく使いこなすことが必要であると感じました。

 講演後は、8人前後のグループに分かれ、乳幼児を抱えるお母さん会員から地域の子育て支援をしている会員・お孫さんの世話をするベテラン会員まで、いろいろな立場からの意見を交わしていました。
このディスカッションで出た意見を基に、最後は矢野さんへの質疑応答。
大人の家族がメディアを使いすぎる悩み・核家族で多様人がいないのでついスマホに頼ってしまうという悩みを打ち明ける会員もいました。

本公演の内容は後日リーフレットにまとめ、会員内外に広く配布して啓発に努める予定です。

茨城県地域活動連絡協議会
posted by 全地協 at 15:12| Comment(0) | 関東・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

第36回親子のつどい〜笑運動会〜

IMG-2663.JPG IMG-2646.JPG IMG-2635.JPG
(第36回親子のつどい〜笑運動会〜)
令和元年10月19日(土)太田市藪塚本町社会体育館において、「第36回親子のつどい〜笑運動会〜」を開催した。県や太田市、こどもの国児童会館が共催。
太田市の親子クラブの幼児を中心に、おじいちゃんおばあちゃんまで、会員の親子ら約230人が8チームに分かれて競技に参加。
でかぱんリレーやボール送り、パン食い競走など5種目の競技はどれも単純で楽しいものばかりとあって、赤ちゃんをだっこ、おんぶしながらのママやパパの参加も目立った。玉入れには、カゴ待ち役として着ぐるみも登場し運動会を盛り上げた。
ぐんま地域活動連絡協議会(群馬県)
posted by 全地協 at 16:30| Comment(0) | 関東・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

第50回親善ソフトバレーボール大会

(第50回親善ソフトバレーボール大会)
令和元年6月19日(日)伊勢崎市第二市民体育館において、「第50回親善ソフトバレーボール大会」を開催。県内のクラブから12チームが参加し、存分に日頃の練習の成果を発揮した。予選は、4チームずつ3ブロックに分かれての総当たりのリーグ戦。各ブロックの一番勝率のよかったチームが決勝トーナメントへ。今回は記念すべき50回大会なので、特別にキラリ賞≠設け、各チームで一番輝いていた方にお菓子をプレゼントした。
ぐんま地域活動連絡協議会(群馬県)
posted by 全地協 at 17:10| Comment(0) | 関東・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月04日

お楽しみ交流会

杉並区母親クラブ連絡会20190702@.jpg 杉並区母親クラブ連絡会20190702A.JPG 杉並区母親クラブ連絡会20190702B.jpg

杉並区母親クラブ連絡会
「お楽しみ交流会」
令和元年7月2日
参加25名

主なプログラム:
○影絵「うずらちゃんのかくれんぼ」○手遊び「もちつき」「せんたく」○「あやとりで おはなし」「ひのたまかぞえうた」
○パネルシアター
○紙コップであそぼう など

他のクラブはどんな活動をしているのかな?
この活動者交流会では様々な知恵と工夫が披露されます。
影絵の舞台裏を覗いてその工夫に驚き感心したり、お話会を楽しくする方法を学んだり。
遊びを体験して、子供たちと一緒ならどのように遊ぶか考えることも面白いです。
お互いの腕を磨いて次の活動に活かす、素晴らしい学びの場になっています。

みらい子育てネット東京
posted by 全地協 at 15:27| Comment(0) | 関東・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

第29回母親クラブフェスティバル〜ひかってるネ!おかあさん〜

IMG-1692.JPG 42893177.0e03db1fc9865db8b72ff6df128bf721.19051913.JPG 42893177.06a96312726954b6bc4e94786253c676.19051913.JPG IMG-2207.JPG IMG-1980.JPG
(第29回母親クラブフェスティバル〜ひかってるネ!おかあさん〜)
令和元年5月19日(日)ぐんまこどもの国児童会館において、「第29回母親クラブフェスティバル〜ひかってるネ!おかあさん〜」が開催された。午前中は、人形劇やハンドベルなどのステージ発表。午後は、魚つりや“ごきぶりバンバン”などのゲームの他、工作やバザー、県のゆるキャラ“ぐんまちゃん”との撮影会などが行われ、多くの家族連れで賑わった。
またフェスティバル開催中、こどもの国の来場者が1000万人を達成!母親クラブの会員がハンドベルを演奏し、セレモニーを盛り上げた。
ぐんま地域活動連絡協議会(群馬県)
posted by 全地協 at 17:36| Comment(0) | 関東・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

平成31年度代議員総会・指導者研修会

IMG-2205.JPG IMG-2206.JPG
(平成31年度代議員総会・指導者研修会)
平成31年4月19日(金)ぐんまこどもの国児童会館において、「平成31年度代議員総会・指導者研修会」を行い、会員約100人が参加。総会では、平成30年度の報告、新年度の事業計画や予算案が無事承認された。今年度は役員改選の年でもあり、長年務めた仲野会長からバトンが渡され、新会長が就任。続く指導者研修会では、県内在住大阪出身のギター漫談師ヨロコンデぶっち氏が、普段子どもたちを相手に行っている歌やクイズ、読み聞かせなどを披露し、会場を笑いに引き込んだ。
ぐんま地域活動連絡協議会(群馬県)
posted by 全地協 at 21:12| Comment(0) | 関東・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

令和元年度 総会・親子食育講座実施

令和元年6月11日、つくば市大曽根児童館において、「令和元年度茨城県地域活動連絡協議会総会」を実施しました。県内各母親クラブの会長をはじめとする役員・子ども・スタッフ合わせて104人の参加がありました。

総会後は親子食育講座として、「ポリ袋を使って簡単調理!〜災害時にも役立ちます〜」を実施。
メニューは、小さなタッパーを使ったコロコロおにぎり・ポリ袋を使ったたたききゅうり・同じくポリ袋を使ったかんたんソーセージです。どれも親子で楽しめるとともに、包丁や火を使わないので災害時の対策にもなるメニューでした。試食タイムには、子どもたちの笑顔がはじけました!

当協議会では昨年度までの3年間、親子防災に取り組んできました。その集大成として、昨年度の全地協地域活動助成金を利用し防災冊子を作成しました。これを今回の講座でも配付し、食育だけでなく親子防災にも引き続き取り組んでいく事を確認しました。
posted by 全地協 at 18:46| Comment(0) | 関東・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

群馬県子育て・青少年課長との話し合い 研修会並び情報交換会

平成31年1月22日(火)群馬県男女共同参画センターにおいて、「群馬県子育て・青少年課長との話し合い  研修会並び情報交換会」を行った。会員の他、クラブが所属する児童館の館長など約70人が参加。初めに、県より今年10月から実施される「幼児教育無償化について」の説明があり、続く課長との話し合いでは、放課後児童クラブの障害児受け入れ条件についてや児童館運営に関する地方からの提案への疑問、児童館や公園への要望などが挙げられた。午後からは、県立女子大学の宮内洋教授による「傾聴から人との関わり方を学ぶ」が行われ、初対面の人と二人ひと組になり、実際にお互いの話を聴き合い楽しく盛り上がりながら傾聴の仕方を学んだ。



ぐんま地域活動連絡協議会(群馬県)
posted by 全地協 at 17:41| Comment(0) | 関東・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

地域活動助成事業報告(みらい子育てネット東京)

活動助成事業報告(東京).JPG

「パパ・ママ・わたし・ぼくの絵本〜絵本って、なあに?〜」
講師:小宮由(翻訳家)

東京に初雪がちらちらしたこの日、朝からたくさんの参加者が集いました。
絵本は子どもが初めて出会う文学、絵を用いた「文学」という芸術作品である。
子どもたちにはどんな大人になってほしいのか、幸せを伝えたい、
日々を生き生きとふるまえるように、あんな人になりたいという理想に出会ってほし
い…
など子どもたちへのたくさんの愛情あふれる思いをお話くださいました。
途中、先生の翻訳作品『メリーメリーおとまりにでかける』を聞かせていただきまし
たが、
聞く立場になって、ふと、子どもの目線や気持ちに気づかされました。
選書の参考に最も大事なことは、子どもと喜びを共有できる作品かどうかが大切な心
掛けと思いました。

開催日時:H31年1月12日(土)10:00〜12:00
開催場所:ウェルファーム杉並
企画・共催:みらい子育てネット東京、杉並区母親クラブ連絡会、杉並区児童青少年

参加者数:大人45人、幼児3人

posted by 全地協 at 15:27| Comment(0) | 関東・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

第35回親子のつどい〜笑運動会〜

 
(
第35回親子のつどい〜笑運動会〜) 
平成30年10月20日(土)藪塚本町社会体育館において「第35回親子のつどい〜笑運動会〜」を行った。県内の母親クラブ会員家族ら約300名が参加。4つのチームに分かれ、ボール運びや玉入れ、パン食い競走といった誰もが楽しめる簡単な競技5種目で奮闘した。
ぐんまちゃんやおおたん、にこっとちゃんなどのゆるキャラたちの他、動物の着ぐるみも登場し子どもたちは大喜び。巨大なケーキの組み立てを競う『急げ!ケーキ屋さん』では、飾りのイチゴやろうそくなどを持って、小さい子どもたちもうれしそうに走っていた。今年度は昼食をはさまず午前中だけに凝縮して開催したのも好評だった。
ぐんま地域活動連絡協議会(群馬県)

iPhoneから送信


iPhoneから送信
posted by 全地協 at 17:49| Comment(0) | 関東・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

平成30年度 みらい会員研修と交流会

30 会員研修会・交流会 写真(リサイクルセンター).jpg
           
開催日時 平成30年6月29日(金)10:00〜14:00
参加人数 17名

会員間の交流を深めることと相模原市を知ることを目的とし、施設見学&昼食会を実施しました。
清掃工場は匂いもなく大変立派で、従事職員の少なさに驚きました。リサイクルスクエアでは、家庭ごみについての質問に適格かつ裏付けのある回答をいただきました。グリーンハウスでは館長の熱心な説明に植物に対する大きな愛情を感じました。
参加者より「相模原市をもっと知りたい」とのご意見もいただき、今後も楽しい交流とともに、様々な企画を考えていきたいと思います。

【施設見学先】
@ 相模原市南清掃工場(平成29年4月開設) 
A 相模原市リサイクルスクエア
B 相模原市立総合体育館
C 神奈川県立相模原公園内サカタのタネグリーンハウス

みらい子育てネットさがみはら連絡協議会
posted by 全地協 at 15:47| Comment(0) | 関東・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

第49回親善ソフトバレーボール大会

IMG_20180620_140242_4CS.jpg
(第49回親善ソフトバレーボール大会)

6月20日(水)伊勢崎市民第二体育館において「第49回親善ソフトバレーボール大会」を行った。12チーム約100名が参加。今年も昨年同様、12チームを3つのブロックに分けて総当たりで予選を行い、各ブロックで一番勝率のいいチームが決勝トーナメントに進出。優勝は伊勢崎境児童センター母親クラブ。控え選手なしの6人だけで決勝までの5戦全てを戦い抜いた。

ぐんま地域活動連絡協議会(群馬県)
posted by 全地協 at 15:50| Comment(0) | 関東・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

第28回母親クラブフェスティバル〜ひかってるネ!お母さん〜

IMG_20180520_102519.jpg IMG_20180520_133625.jpg IMG_20180520_131900.jpg

(第28回母親クラブフェスティバル〜ひかってるネ!お母さん〜)
5月20日(日)ぐんまこどもの国児童会館において、「第28回母親クラブフェスティバル〜ひかってるネ!お母さん〜」を開催した。午前は、人形劇やハンドベルなどのステージ発表。午後は、くじ引きやバザーの他、木製ブロック“カプラ”や魚つり、工作など体験型の遊びを集結。中でも、アルミホイルで作る“恐竜の卵”やゴミ袋からレインコートを作る防災工作が目をひいた。子どもたちに人気の“アヒルすくい”が長蛇の列になるなど、どのコーナーも例年以上の人出で大賑わいだった。

ぐんま地域活動連絡協議会(群馬県)
posted by 全地協 at 16:49| Comment(0) | 関東・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年度代議員総会・指導者研修会

IMG_20180418_111115.jpg IMG_20180418_120144.jpg

(平成30年度代議員総会・指導者研修会)
4月18日(水)ぐんま地域活動連絡協議会「平成30年度代議員総会・指導者研修会」がぐんまこどもの国児童館において開かれ、会員約70名が出席。県の子育て・青少年課による説明のあと総会に移り、続く指導者研修会では、「〜ゆっくり、やさしく、ていねいに〜
タッピングタッチを体験してみよう」と題したタッピングタッチの講習が行われた。この講習は、県が無料で講師を派遣する出前なんでも講座として登録されている約490種類の講座の中でも人気の講座のひとつ。両手の指先を使って二人ひと組でやさしく触れ合いながら、心地よい時間を過ごした。

ぐんま地域活動連絡協議会(群馬県)
posted by 全地協 at 16:19| Comment(0) | 関東・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

県子育て・青少年課長との話し合い 研修会並び情報交換会

IMG_20180125_104522.jpgIMG_20180125_114220.jpg
(県子育て・青少年課長との話し合い 研修会並び情報交換会)
平成30年1月25日(木)ぐんま男女共同参画センターにおいて「県子育て・青少年課長との話し合い
研修会並び情報交換会」を行った。県内の会員約70名が参加。
課長との話し合いでは、放課後児童を預かる学童クラブの増設に伴う資金面での悩みや要望から、各地域の学童保育の現状が話題になった。
研修会では、主に発達障害の子どもたちの支援を行っているD-discoveryまつなみ代表の松波芳子氏が『「
子どもに寄りそう・子どもを育てる」を考える』と題し講演した。
ぐんま地域活動連絡協議会(群馬県)
posted by 全地協 at 20:14| Comment(0) | 関東・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

親子防災教育事業「生存確率?」

防災@.jpg防災A.jpg防災B.jpg




(親子防災教育事業)

平成29年11月28日(月)10:00〜

茨城県地域活動連絡協議会では、つくばカピオにて親子防災教育事業「生存確率U」を開催しました。

災害が続き、防災意識が高まる中、乳幼児を連れている時に被災した場合にどのような行動が生存確率を上げるのか…避難時や応急手当の心得・防災グッズ・避難所の体験など、子連れの場合の防災を考える機会を提供。昨年度の導入事業を受けて、今年度は広く会員外にも広報。ボランティア・スタッフも含めて262名という、予想を超える大勢の参加がありました!






◆防災演習ゲーム



  ・第1の部屋:発災の瞬間



  ・第2の部屋:応急手当の瞬間



  ・第3の部屋:応急手当実演ブース



 ◎通常の避難訓練では体験できない、リアルな状況



下でのアトラクション型体験事業。



◆講演会「救急車には乗れません!」



  講師:仲西宏之氏(日本防災教育振興中央会代表理事)

  ◎災害現場で生存確率を上げるには、自分達での素早く正しい応急手当が鍵。



◆災害ワークショップ&避難所体験



・災害ワークショップ…簡易カッパ作り・新聞紙スリッパ作り



・避難所体験…実際の避難所のように、段ボールベッドや簡易テントを組み立てて展示

・災害グッズ、非常食展示(企業の協力あり)



簡易トイレ・防災セット・カロリーメイト・缶詰・ウィダーインゼリー・長期保存水ほか

・防災クイズ…パネルにして展示



今までにない防災教育の形として、ゲーム感覚で親子一緒に実際に考えながら学ぶことで、より防災意識を高め、知識を得ていただけました。参加者の声としてもそのような内容が大変多く、講演の内容も非常に斬新でためになったと好評を得ることができました。

来年度は2年間の事業をもとに、総まとめの事業を企画します。



茨城県地域活動連絡協議会
posted by 全地協 at 17:05| Comment(0) | 関東・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする