2018年12月27日

なるみほんぽちクラブ会員 人権教育研修会 ー「出 会 い と 表 現」 あることをないことにしない ー

講師に大湾 昇(おおわん のぼる)さん(徳島県絆創膏の会)をお招きして開催しました。身近にある人権課題や、自分自身の体験を通して、「人権」についてもう一度自分自身をふり返る時間になりました。
『さまざまないじめや差別は、「無知」からきている。知らないことは怖く、間違いに気づけない。いじめや差別をしていてもわからないまま過ごしてしまう。差別とは、その人がどんなに努力をしても変えられないところを悪意があってもなくても攻撃してくる。』といじめや差別を許さない生き方のために熱く語っていただきました。
「自分の目の前にある事柄も事実をゆがめてしまい込み、あることをないようにしてきた。あることはあるとして考えていきたい。」
「くらしやすい社会をつくる一員として、これからも人権教育を学んでいきたいと思います。」など参加者からの感想をいただきました。
私たちの社会の中には、いまだにたくさんの不合理が存在しています。他人に悲しい思いをさせているのは、自分かもしれないという自覚をもち、学び続ける必要を感じた研修会になりました。
12271.jpg 12273.jpg 12272.jpg
posted by 全地協 at 10:29| Comment(0) | 中国・四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。