2020年01月30日

研修会「ドイツに学ぶエコ生活」(山形県東根市)

image9.jpeg image7.jpeg image8.jpeg
1月27日(月) 東根市母親クラブ連絡協議会が、みらい子育てネット山形と一緒に「ドイツに学ぶエコ生活」と題して、ドイツとの国際交流を兼ねたごみゼロ推進講座を行いました。パタパタと募集したにもかかわらず、23組、子どもも合わせると40名近くの方々と楽しい時間を過ごすことが出来ました。

講師は、東根市在住の国際交流員ベロニカさんです。とってもキュートで、楽しい方。

最初にドイツと日本について、同じところや違い、以外と生活に入り込んでいるドイツのことなどの話がありました。

その後はドイツの食生活を知るという事で、調理実習。
アップルケーキ、レンズ豆と野菜のスープ、ホットワインの子どもバージョンの、ホットアップルを作りました。手軽に作れて美味しいし、今回はレンズ豆だけでなくひよこ豆も入れて栄養価も高い料理になりました。

昼食の後は、アップルケーキとホットアップルでお茶しながら、ベロニカさんがやっている、エコ生活の具体的なお話を聞きました。パン屋さんに行く時は紙袋を持って行き、ビニールをかぶせてもらうのではなく、その袋に入れてもらったり、ラップを使わない、ストロー、ペットボトルなども使わない生活をしている事に、みんなとても驚いていました。

でも、これからの子どもたちに、せめて今くらいの自然を残して行くには、みんなで少しずつでも出来ることをしていきたいですねとの話になりました。子どもたち、スープとパンもたくさんたべたみたいでしたが、ケーキもホットアップルも大人気。ホットアップルは、それなりに香辛料入っているのに、びっくりでした。

実はお父さんも3人ほど参加。お料理上手な方がいたり、料理はあまり苦手だからと、子どもたちを面倒みてくれる方がいたり、いろんなところで、いろんな交流も生まれた講座になりました。

 −NPO法人みらい子育てネット山形−
http://www.yamagata-miraikosodatenet.org/
posted by 全地協 at 12:57| Comment(0) | 北海道・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする