2018年10月30日

「簡単なオモチャづくり」

倉敷市18.10.30B.jpg 倉敷市18.10.30A.jpg 倉敷市18.10.30@.jpg

倉敷市母親クラブ連絡協議会は10月30日(火)10:00〜12:00倉敷福祉会館3階で体験講座をしました
講師は倉敷市の児島・玉島・倉敷の児童館先生方でした
簡単で楽しいオモチャが出来上がり、童心に帰って遊びました
各単位クラブの子どもたちに教えられるかな⁉️

倉敷市母親クラブ連絡協議会
玉島母親クラブ
posted by 全地協 at 13:28| Comment(0) | 中国・四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

ふれあいの祭典(兵庫県)

IMG_0090.JPG IMG_0080.JPG


平成30年10月21日(日)兵庫県明石市の明石公園にて、「ふれあいの祭典」が開催されました。
兵庫県地域活動連絡協議会は、『牛乳パックで作るサッカーボール』と『バルーンアート』で、ブース参加をしました。毎年同じ内容ですが、今年は準備をしていた材料がなくなってしまい、終了時間まで保つことが出来ずに閉店でした。(>_<)
3歳の子どもから大人まで、一人で作ろうと頑張る姿が印象的でした。作り終えた時の笑顔は最高でした。また、バルーン風船で、かぼちゃ(ハロウィン)やアンパンマンやドラえもんや剣やハート等は人気があり、それを手にした子どもの笑顔も忘れられません。秋晴れの空の下、昼休憩が取れなくても、とても癒される一日でした。

兵庫県地域活動連絡協議会
posted by 全地協 at 22:41| Comment(0) | 東海・近畿・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年度 みらい会員研修と交流会

30 会員研修会・交流会 写真(リサイクルセンター).jpg
           
開催日時 平成30年6月29日(金)10:00〜14:00
参加人数 17名

会員間の交流を深めることと相模原市を知ることを目的とし、施設見学&昼食会を実施しました。
清掃工場は匂いもなく大変立派で、従事職員の少なさに驚きました。リサイクルスクエアでは、家庭ごみについての質問に適格かつ裏付けのある回答をいただきました。グリーンハウスでは館長の熱心な説明に植物に対する大きな愛情を感じました。
参加者より「相模原市をもっと知りたい」とのご意見もいただき、今後も楽しい交流とともに、様々な企画を考えていきたいと思います。

【施設見学先】
@ 相模原市南清掃工場(平成29年4月開設) 
A 相模原市リサイクルスクエア
B 相模原市立総合体育館
C 神奈川県立相模原公園内サカタのタネグリーンハウス

みらい子育てネットさがみはら連絡協議会
posted by 全地協 at 15:47| Comment(0) | 関東・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年度 青森県地域活動連絡協議会会員研修会

青森県地協研修会@.JPG 青森県地協研修会A.JPG 青森県地協研修会B.JPG

 日時 平成30年9月7日(金)10:30〜14:00
 場所 ホテルニューキャッスル(弘前市)
 対象 母親クラブ会員、児童館関係者、子育て支援関係者等
 参加人数 57名

弘前市のホテルニューキャッスルを会場に青森県地域活
動連絡協議会会員研修会が行われました。
県内各地より57名が集まりまし た。
開会に際し主催者挨拶を青森県地域活動連絡協議会会長、山口なつゑ氏
ご来賓の弘前市長櫻田宏氏、社会福祉法人草友会理事長齋藤則明氏よりご挨
拶をいただきました。

午前の講演は、大浦保育園園長 相馬玲子氏を講師に迎え
「心に寄り添い、心育む」と題しご講演いただきました。
 
親になって離してはいけないものは
@乳幼児期は、肌を離さないこと。
A幼児期は、手を離してはいけない。
B学童期は、目を離してはいけない。にっこり笑って、大丈夫というまなざしで
  子どもの表情をみてあげてください。
C青少年になったら、心を見て欲しい。あなたには、あなたらしい事がある。
  あなたは私の宝物だから、と言ってあげてください。
それぞれの時期に大切な事を相馬氏の保育にかける情熱をひしひしと感じな
がら講演を聞かせていただきました。
また、絵本の紹介が2冊あり、やさしく、暖かい気持ちにさせていただきました。

午後は、弘前市豊田児童センター館長 木村笑子氏で
「一輪車で育つこどもたちの姿」と題しご講演いただきました。 

豊田児童センターで昭和61年から一輪車指導をはじめ、2年後には
全日本一輪車競技大会でグループ演技優勝、
平成4年には第6回国際一輪車大会(カナダ)で団体優勝
し世界一に導いた様子を話していただきました。

大人が子どもにしてあげられる事は、自分の全部をだして、与えてあげる事。
これが確実に子どもたちの成長につながる。。
と言うとても熱気に満ちた講演でした

   青森県地域活動連絡協議会
posted by 全地協 at 15:39| Comment(0) | 北海道・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

「第16回 子どもの虐待死を悼み命を讃える市民集会」

オレンジリボン運動@.jpg オレンジリボン運動A.jpg

「オレンジリボン運動」事務局からご案内をいただきました。

母親クラブの皆様には馴染みの深い「オレンジリボン運動」の事務局から
「第16回 子どもの虐待死を悼み命を讃える市民集会」
のご案内をいただきました。集会では、虐待で亡くなった子どもたちの鎮魂セレモニーと講演、その後「鎮魂の行進」を行うことになっているそうです。
詳しくはチラシをご覧になってください。
厚生労働省から平成29年度の「児童虐待相談対応件数」が発表されています。
https://www.mhlw.go.jp/content/11901000/000348313.pdf
毎年件数が増え続けています。
数字からは、子どもの虐待への社会の関心が高まっていることがうかがえますが、
早く子どもの虐待そのものがなくなり、相談件数が減っていくことを願って止みません。
posted by 全地協 at 15:51| Comment(0) | 全地協事務局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする