2016年12月01日

いきいき子ども講座 「ペットボトルで作る花いれ」(北九州市)

DSC01124.JPGDSC01085.JPGDSC01082.JPG
平成28年11月12日午前10時より、児童館において生き生き子ども講座を開催しまし
た。北地連のリーダー研修会で教わった「ペットボタルを使った花いれ」をこども達
と一緒に作りました。悪銭苦闘の結果どうにか形になり、おかあさんにおみやげとし
て、持って帰ることとしました。

最後に皆で温かい豚万をたべ、次回の生き生き子ども講座はクリスマス会をしましょ
うと約束をして、無事終了しました。

参加児童20名、クラブ会員10名の参加でした。

北九州市牧山児童館母親クラブ
posted by 全地協 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

『親子で遊ぼう!』(松山市)

NEC_0219.jpgNEC_0220.jpg
11月20日10時から、北梅本幼稚園で「親子で遊ぼう!」の会を開催しました。
18組の親子が参加しました。
畑村総司先生を講師としてお迎えして、親子一緒にできるふれあい遊びや、バラバルーンやトランポリンなどの道具を使った遊びなどを楽しみました。
初めての場所に少し緊張気味の子どもさん、お母さん、お父さんもいましたが、遊びながら少しずつ雰囲気に慣れてきた様子で、楽しい時間を過ごしました。
小野みらいクラブ
posted by 全地協 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

消防署見学(松山市)

DSC_0332.JPGDSC_0338.JPG
11月21日10時から消防署見学に行きました。
参加は会員親子11組でした。
最初にDVDを見て煙体験、消火体験をしました。
その後、消防士さんから消防車の説明を受けました。
色んな消防車あり、子供達はとても興味津々で真剣に話を聞いていました。
最後に消防車とたくさん写真を撮り皆喜んでました。

道後クラブ
posted by 全地協 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

富士宮市 秋のこどもまつり(静岡県)

DSCF4156.JPGDSCF4157.JPGDSCF4164.JPGDSCF4166.JPG
10月23日(日)の秋晴れに、静岡県富士宮市で毎年1000人ほどが来場する『秋の
こどもまつり』が市内の福祉会館で開催されました!'

このおまつりは、富士宮市の教育委員会が主体となり、地域の子どもを見守り、支え
る団体―民生児童委員さん、ガールスカウト、地域の自治会や、協力団体―美術部
員、ミニ新幹線の愛好家、市内高校生などが協力し、それぞれ趣向を凝らした出し物
を一緒に行って楽しみ、交流するために毎年一回 開かれている大きなおまつりで
す。



私たち富士宮市地域活動連絡協議会(宮っ子21母親クラブ、ぽかぽか母親クラブ)
も毎年参加して牛乳パックで作る『びっくり箱』の工作と、だしにこだわった『うど
ん・そば』の提供をしています。



工作は、毎年200個用意しますが、開会式の前から列ができ毎年、大人気です!

牛乳パックをはさみで切り、輪ゴムをかけ、セロハンテープでつなげていきます。

大人が手伝ったらすぐに終わる作業も、子ども達にとっては「?」の連続。

心配そうに親の顔を見る子、どんどん作業をすすめる子、はさみやテープの使い方が
わからない小さな子も、自分でできるよう声かけしながら一緒に作っていきます。

カエル、うさぎ、アンパンマンの顔や手をつけ、たたんで渡すと、最後は自分の手で

「パッ!」っと放します。輪ゴムが戻り、できたものが飛んでいくと子どもも、大人
もみんな笑顔になりました!



一方、うどんとおそばは11時から。限定250食。

お湯を沸かし、昆布とかつおで「だし」を取り…と、朝早くから準備をしているの
で、だしの香りが廊下を流れ、はじまる前から「まだ?」と部屋をのぞく人が後を絶
ちません。

うどんはゆで時間が長いのですが、親と子だけでなく、ご両親と子ども達、祖父母と
親と子…世代を超えてたくさん注文してくださるので、うどんはあっという間に完
売!

おそばも、用意したものが終了時間を待たずに完売。毎年、おいしいと大好評です。



地域の絆も、親子の時間もなんとなく少なくなってきた現代。

たくさんの人とおしゃべりして、できあがった作品や物を親子で囲んでお話して…素
敵な笑顔が広がりました。

富士宮市地域活動連絡協議会
posted by 全地協 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海・近畿・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

姫路市児童館合同行事(兵庫県)

DSC_0564.JPGimage1.jpeg
平成28年10月30日、姫路の港ドームにおいて、姫路市児童館フェスタが開催されました。
姫路市地域活動連絡協議会もブース参加しました。エコクラフトでハロウィンのガーラントを作りました。
posted by 全地協 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海・近畿・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

全地協 東海近畿北陸ブロック会長会

IMG_1184.JPG
平成28年11月4日、京都のホテル メルパルクにて、ブロックの会長会議を開催しました。
次年度からの新ブロック長・副ブロック長の選挙も無事に終わりました。レジメに添って、各委員会の報告や全地協への要望等、意見交換が活発に行われました。有意義な時間を過ごせて、久々の会長さん達と出会えて、皆さん、お変わりなく楽しく過ごせました。
posted by 全地協 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海・近畿・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮島伝統行事体験研修(広島市)

IMG_8767.jpgIMG_5203.jpgIMG_2951.jpg
宮島伝統行事体験研修  10月29日(土)

秋の宮島で、なかなか鑑賞することのない雅楽の鑑賞をしました。青空の下、素晴らしい雅楽に感動。
続いて、大願寺の御住職による法話、大願寺の本尊厳島弁財天や、薬師如来座像ほか 宮島の寺社から集められた
たくさんの尊像を見せていただきました。賓頭盧尊者[ひんずるそんじゃ]は、なで仏として親しまれているそうで、
撫でさせていただき、願掛けをさせていただきました。
もみじ饅頭焼き体験も楽しく、良い研修になったと皆で喜びました。

中島みらい夢クラブ(広島市)
posted by 全地協 at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・四国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

リーダー研修会 ペットボトルで作る花いれ (北九州市)

P1010725.JPGP1010726.JPG
平成28年10月24日午前10時から生涯学習総合センターにて、北九州市地域活動連絡協
議会リーダー研修会が実施されました。

リーダー委員会の企画でペットボトルを使って花の苗をいれ、これからの季節クリス
マス、お正月とアレンジができるものです。

会員45名の参加で、三郎丸児童館母親クラブ吉田会長の指導のもとペットボトルを布
で覆い、3種類の花苗を入れて完成です。

とても簡単にでき、これを参考に各クラブが実施とのことです。

(北九州市地域活動連絡協議会)
posted by 全地協 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

兵庫県ふれあいの祭典(兵地協)

IMG_1040.JPGIMG_1046.JPG
平成28年10月29・30日、兵庫県 丹波の森公苑において、ふれあいの祭典が開催されました。平成元年から、兵庫県5つの国(播磨・丹波・但馬・摂津・淡路)を順番に開催し、その地の特産品や兵庫県内の特産品も勢ぞろい。演技発表等もあり、2日間、盛りあがってくださいという井戸知事さんのご挨拶でした。
兵地協では、毎年、ブース参加をしています。今年も牛乳パックで作る「サッカーボール」と「バルーンアート」で、子どもも大人も楽しんでもらえました。
posted by 全地協 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海・近畿・北陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

アイラップ調理研修会(山形県)

アイラップ.jpg1476595900087.jpg161016 005.JPG1476595904992.jpg
みらい子育てネット山形研修会

平成28年10月16日(日)
災害時に役に立つ!「アイラップ調理講習会」を行いました。

場所:高畠町「ぬかのめ生涯学習館」
講師:高畠町赤十字奉仕団委員長 我妻由美子氏

共催:高畠町亀岡地区母親クラブ
後援:高畠町

当日のメニュー
・しめじご飯
・肉じゃが
・鶏肉唐揚げ風
・ピラフ
・卵かゆ
・赤飯
・小豆かぼちゃ

それぞれの材料を「アイラップ」に入れ、空気を抜いて結びます。そしてお湯の入った鍋に入れ茹でます。メニューの品が全部一緒に、ひとつの鍋で作る事ができました。

水が貴重な災害時、鍋の水は何度でも使えます。食事の時はアイラップのままお皿に乗せれば皿を洗う必要もありません。非常時にはとても役に立つ調理方法だということがわかりました。離乳食作りや普段の生活にも使えて便利です。

 −NPO法人みらい子育てネット山形−
http://www.yamagata-miraikosodatenet.org/
posted by 全地協 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道・東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする